仕事の時間が制限されるようになった

ITの職場は、仕事の時間がばらばらになりやすく、会社で仕事をしている時間が一定にならない傾向がありました。なるべく一定の時間で仕事を行うように、仕事量の調整などを行っていましたが、それでも残業時間が長かったり、時には早く仕事が終わってしまい、早く帰宅することもありました。早く帰れるのは良いですが、残業が相当長くなることも珍しくありません。
ここ最近になって、ITの職場のしごとの時間が制限されるようになり、一定の時間を経過した時点で帰宅するように指示されています。無理な残業を減らすようにして、仕事を行いやすくしていることと、体調の管理が個人でも行えるように調整してくれたのは良かったです。
これからは体調の管理まで含めて、仕事の面では考えていくことになりそうです。ただ、仕事の時間が制限されて、残業を行うような状況が減っていることは事実なので、今後共残業が減らしながら、どんどん仕事ができるような環境にしていきたいです。