IT系企業の職場の変化

IT系企業のオフィスは、最新の設備が導入されており、かなり革新的・先進的なイメージがあります。
しかし、昔ながらの慣習の良さを残しつつ、IT系の仕事を続けている会社も少なくありません。
ただ、最近では各社員がモバイル端末を扱い、いつでも何処でも仕事ができる環境を持っていますので、オフィスにいたとしても、必ず自分の席に留まる必要はありません。
このようなことから、決まった席を設けないフリーレイアウト制となっているオフィスが段々と増えてきています。
一方で担当者が外出中なのか、いるのか把握できるように人感センサーで、個別認識できるオフィス設備を導入している企業も増えてきています。
必ず席にいる必要がないにしても、社員ひとり一人の行動管理が明確に分かるようにしておくことが大切なので、たとえIT企業でもこの当たりは、厳しく管理していくことが求められています。
ネットとパソコンがあれば、色々な仕事ができますが、この点だけは昔と考え方が変わらないことかもしれません。