50代60代以上の人のIT職場環境とタバコにしても今は違う

私がIT業界で働き始めた約10年前ぐらいの頃は、既に「社内禁煙」の時代でした。しかし、その当時50代ぐらいのおじさん方に聞きますと、「昔は作業をしながら普通にタバコを吸っていた」ということですから、今とは職場環境も違うなぁーと感じます。

今では営業車にしましても、当たり前のように禁煙なのですが、けれども30年以上前の時代はそうではなかったようなのですよね。分煙というか、社内全面禁煙となったのは、もう還暦ぐらいのおじさん達からすれば「つい最近」ぐらいの感覚のようです。

しかし私が子どもの頃にはすでに職場では禁煙が当たり前のようでしたし、つい最近という感覚ではないのですが、50代60代以上ともなりますと、10年や20年前はつい最近ぐらいの感覚なのでしょうか。

だってそもそも、パソコン作業しながらタバコを吸っていたらヤニでパソコンが汚れるでしょう。その辺も昔は気にしなかったのでしょうかね。確かに性能には影響がないように思いますが、白いパソコンのプラスチック部分がヤニで汚れているって、クライアントさんからの心象も悪いでしょうよ。