入社時に比べて感じたIT企業の弊社の変化について

私の職場では入社当時の3年前に比べ女性の割合が増えました。社員人数が約20人と規模の小さなソフトウェア関係のIT企業ですが、総務事務として入社した私を含めても女性はたった3名でした。

それが今では退社した男性社員で総人数は変わりありませんが、女性の社員が倍の6名まで増えました。

私が入社する1年前までは社内での喫煙が当たり前だったようですが、入社した頃には喫煙スペースが設けられておりそのような点も変化してきているようです。

また、女性社員が育休を終え復職するにあたり働き方も変わってきて、月に1度の社内全体会議以外はネットワークを設定し、在宅勤務が取り入れられるようになりました。彼女を皮きりに、介護をしながら働いていた男性社員も在宅勤務を許可されるようになり働き方改革が行われました。

子供が学校から帰ってくるまでの短時間勤務が増えたりと、男性社会のイメージだったIT業界の中でも女性が増えたことで、我が社では女性に優しい柔軟な勤務対応が取られる変化がありました。